×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

裏側矯正とはどんな歯列矯正の方法?

裏側矯正とはSTbという裏側矯正の装置を歯の裏側につけることで歯並びを良くする方法ですが やはり表側矯正の方が仕上がりに満足がいくという声も聞こえてきますが、目立たない矯正装置ですし料金も 表側矯正に比べれば割高ですが誰にもばれずに矯正できると言うメリットが重要です

裏側矯正のメリットとは

裏側矯正の仕上がりは、表側矯正よりも、劣ることがあります。 矯正歯科医の腕にも、左右されるので、必ずしも、仕上がりが劣ってしまうというわけではありません。 裏側矯正は、表側矯正よりも、お金がかかります。

どうしても、目立たない裏側矯正で、仕上がりを表側矯正と同じような仕上がりにしたい人は、 裏側矯正の経験が豊富で、腕が確かな歯科医師に頼るのが良いでしょう。裏側矯正は、表側矯正よりも、 仕上がりが必ず劣るというわけではないので、一番重要なのは、歯科医師選びということになるでしょう


裏側矯正のデメリットとは

裏側矯正は、表側矯正よりも、料金がかかります。 110万円〜150万円程の料金がかかります。 表側矯正が、80万円〜100万円程なのに対して、 料金は、割高です。診察料、歯磨き指導料、装置の調整料なども含めた料金になります。

初診料、相談料は、無料の歯科医院もあるので、ライフスタイル上、どうしても裏側矯正を希望される方は、 そのような医療機関に、最初に相談されると良いと思います。裏側矯正のメリット、デメリットをよく理解した上で、 治療に臨むのが、望ましいでしょう。

裏側矯正の料金

歯列矯正は、方法を決めてしまえば、後戻りができません。 あとから、表側矯正にしておけば良かった、と後悔しないためには、 体験した患者さんの意見に耳を傾ける必要があるでしょう。 裏側矯正を体験した多くの患者さんが、最初に当たる壁は、発音時の不快感です。 STbという裏側矯正の装置は、昔と違って、小さくできており、患者さんの負担を軽減させることができます。 しかし、少なくとも2週間は、発音のしにくさを感じる患者さんがほとんどです。 裏側矯正は、どんな症例でも対応は可能ですので、歯列矯正を考えていて、目立たない方法をと思っている人は まず、この誰もが体験する発音のしにくさに、耐えられるかどうかが、鍵になるということです。