×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子供の受け口矯正のやり方や治療の時期の目安とは

子供の受け口の矯正は早めに治療するのが一番良いとは分かっているものの、幼児や子供に歯列矯正の器具をつけるのが可哀想で 中々出来ない親もいるとは思いますが表情も怒っているように見えるため早めに受け口を治療しないと可哀想なのは子ども自身です

受け口矯正のやり方は様々

受け口の矯正のやり方は、いろいろあります。 一般的な歯列矯正で治療できる場合もあります。

また、ひどい症例になると、外科的手術を伴う治療も必要なやり方もあります。 一般的な歯列矯正で、受け口の治療をする場合は、抜歯を行うやり方が多いです。 第一大臼歯を抜歯する場合が多いですが、親知らずを抜歯するやり方もあります。

歯列矯正のやり方も選べる場合が多いので、目立たないで治療をすることも可能です。 受け口の症例の重さによって、矯正のやり方は違ってくるので、歯科医とよく相談のうえで、 治療法を決めていくことが大切だということになります。


幼児の受け口矯正のタイミングはいつぐらい?

受け口の治療は、3歳を過ぎた頃からと言われています。 3歳を過ぎた頃には、X線で、永久歯の歯冠(歯の頭の部分)が確認できます。

したがって、永久歯になった時の歯並びの状態を、概ね予測することが可能です。 受け口だと、怒ってもいないのに、怒っているように感じられてしまう場合があるので、 親御さんとしては、早くに治療してあげたいと思うところでしょう。

受け口の矯正をすることを考えている親御さんは、 早くから専門医に相談し、早め早めに手を打っておく必要があります。 幼児が、矯正器具を装着するのは、難しいことかと思います。 幼児の矯正をする場合には、歯科医院も幼児の扱いに慣れている医院を選ぶことも大切かと思います。

受け口矯正を子供に受させるのは可哀想?

子供が1番かわいい時期に、受け口なため、表情が怒っているように見えてしまうのは、 親御さんだけでなく、子供にも辛い思いをさせてしまうことになります。

子供の歯はすぐに永久歯に生え変わるであろうから、それからでも治療は遅くない、と考えてしまうかもしれませんが、 子供の受け口の矯正は乳歯の時期に矯正をしておくのは、将来的に歯並びをよくすることも目的とするので、 決して早すぎるという訳ではありません。

受け口の矯正方法も、様々です。 ひどい受け口の症例になると、矯正のやり方として外科的手術を必要としてくる場合もあります。 しかし、子供の将来を長い目で見た状態で、治療を考え、始めるのが、1番良いことだと思います。 全く情報がなく歯科医の情報だけに頼るよりは痛い体験や怖い体験が載っているブログだとしても ためになるのではないでしょうか?