×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

叢生とよばれる歯並びの症状の治療や原因とは

叢生は乱食い歯ともよばれ歯並びが悪い状態を指します、治療もあごを広げるなどのほか抜歯などの 治療法になってしまうのでなかなか踏み切る勇気がない人も多いですが、早めに治療しておかないと歯槽膿漏や虫歯などの原因になることも 多いです

叢生の治療は難しいの?

叢生とは、歯が乱雑に生えている状態、いわいるがたがたの歯並びのことをいいます。

叢生の原因としては、歯の生えてくるサイズとあごのサイズが全く合わず歯はいろいろな方向から生えてしまうことが 原因とされていますが、あごの狭い最近の子供にも多い症状としてあります

叢生はあまり目立たない症状としては八重歯なども症状の一つですし、 日本では好意的に見られたりチャームポイントになる八重歯も立派な叢生の症状なので 早めに治療したほうが良いかもしれませんね

ですが叢生の治療となると大人と子供とでは治療方法が変ってきます。 子供の叢生の治療の場合は、あごを広げたり乳歯が永久歯に生え変わる時に 位置を矯正したりして色々と方法があるのですが大人になってしまうと あごを広げることは殆ど不可能ですし、歯も生え変わることはないので、 抜歯という選択肢になってしまうかもしれません。

叢生の治療で抜歯をする場合は年齢を重ねてからの自分の歯の本数が少なくなってしまうので 層入れ歯になってしまう可能性も否定できませんし、中々難しいかもしれませんね


叢生の原因はなに?

叢生の一番の原因はあごの大きさ、広さが足りない

ということが一番の原因のようです。 乳歯から永久歯に生え変わる段階で、あごを強化させるために 子供に堅いたべもの、するめとかせんべいとかあげてあごを強化するのが 叢生の原因を防ぐ第一歩だとは思うのですが、

生えてくる歯の大きさというものも関係してきます。 骨格が違うように一人一人歯の大きさも異なりますので、あごが小さいというだけが 叢生の原因という訳ではなく、歯とあごのバランスが叢生の原因となります

子供の頃、乳歯が隙間なくびっしり生えてしまっていると成長するにしたがって 永久歯が生え変わる時に生える隙間がないために叢生になる可能性が高いといわれていますので もし気になるようなら歯科医に相談してみるのも良いかもしれませんね

叢生の歯並びを治すメリットとは

叢生だとしても治療にはお金が掛るし、第一別に歯並びが悪くても気にしない

そういう方もいるとは思いますが、叢生の歯並びの場合色々と口腔内での問題がおきやすいのも現実です

第一叢生の歯並びの場合歯磨きがしにくい

ということが上げられます。 歯磨きがしにくいと虫歯の原因はもちろんのこと口臭や色素沈着など 唯でさえ歯並びが悪くて口を大きく開けられない人も多いというのに どんどん口を開けられない症状が増えていってしまうと思いませんか?

歯周病などになってしまうともっと口臭なども酷くなってしまいますし 叢生の歯並びの悪さに自分自身落ち込むことも多くなると思います。 叢生の歯並びが悪いわけではありませんが、歯科医での叢生の治療や対策を相談するのが 一番良いのではないでしょうか? 自分の性格なども変ってくるでしょうし、自信につながるので色々と前向きになれるはずです