×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

無痛治療で親知らずや歯列矯正が可能?

無痛治療歯医者での痛みが殆ど感じることがなく治療をしてしまうと言う方法ですが虫歯や親知らずなどでもこういった無痛で行なう治療がいまは主流になっています

歯医者で無痛治療する場合とは

歯の治療をするときに、多くの人が痛みを伴いたくないと思うことでしょう。 実際には、痛みは無いか、わずかにも関わらず、痛いと感じてしまうのには、治療中の音にも関係があります。

歯医者も、患者さんには、無痛、もしくは、なるべく少ない痛みで治療できるよう心がけてはいますが、 歯医者の腕にもよることは、認めざるをえません。無痛治療に力を入れている歯医者が増えていることも、確かです。

日本歯科無痛医療協会では、ホームページから、全国の無痛治療に力を入れている歯医者を、ネットを通じて紹介してくれます。


虫歯を無痛治療で治す

虫歯の治療と言えば、キーンという耳に障る音と痛みというイメージがある人が多いことでしょう。 虫歯は、放置しておくと、歯の損失にも繋がるので、早めに治療が必要です。

虫歯治療で麻酔を使用するときに、注射が痛いと言う患者さんが多くいます。 麻酔注射は、刺すときの痛みよりも、麻酔が歯茎に挿入されているときのほうが、痛いのです。 そこで、鉄砲のようなオーラスターという麻酔機を使用した無痛治療があったりもします。 また、多くの場合は、タービンという器具で歯を削ります。

そのバー(刃)が特殊な素材で出来ているものを使い、悪くなった部分しか削れないタービンを使用するのも、 無痛治療の一つです。

親知らずの無痛治療法はどんなものがある?

親知らずの抜歯には、麻酔を使います。 虫歯の治療同様、注射器の器具を変えるだけで、麻酔がかかるまでの痛みを和らげることも出来ます。

しかし、親知らずの治療には、虫歯の治療よりも、緊張感が高い患者さんがいることも確かです。 そのような、あまりにも緊張感の高い患者さんには、笑気麻酔を使用しての無痛治療を行うことも出来ます。 笑気麻酔とは、笑気吸入装置で、30%以下の低濃度笑気と、70%以上の酸素を混合し、 専用の鼻マスクを使用して、患者さんに鼻から吸引してもらうものです。

吸引後、5分ほどで、鎮静状態になりますが、血中からの排出も高いので、治療後、すぐに帰宅することが可能です。 このようにして、親知らずの無痛治療を行うことも出来ます。