×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

歯の後戻りの対策はリテーナー装着時?

せっかくの歯列矯正をしても最終段階であるリテーナー装着時において、 きちんと矯正しなかったら後戻りといって前の状態に近い状態に戻ってしまいます

歯列矯正の後戻りとは?

歯の矯正でリテーナーや色々な歯列矯正をしても後戻りをしてしまったら せっかくの治療が台無しですよね 後戻りとは読んで字のごとく、矯正したものが元の状態に戻ってしまうか それに近い状態になってしまうことを言います。

歯並びを矯正するというのは床矯正のように抜歯などをしない方法が主となっていますが 最近では舌の癖や、噛み合せなどの生活習慣がこういった後戻りの原因となっています

もちろん歯の矯正が後戻りしたといったからってすべて前と同じは並びになってしまうということではありませんが、 舌が当たりやすい前歯などの後戻りの症状が多く報告されているので少しでも違和感などがあったら すぐに歯科医に相談すべきです。

歯科医でも一度歯列矯正をおこなった患者さんには新規患者さんの料金よりも割安で 後戻りの治療をしてくれることのほうが多いので、同じ歯科医に行った方が良いかもしれませんね


歯の矯正の後戻りを防ぐためには

歯の矯正をしたのに後戻りをしてしまった。

そんなことにならないためには何をしたら良いのでしょうか? 後戻りは基本的には治療したらそのままなのですが、リテーナーの装着忘れや、 リテーナーが合わなかったり、正しい咬合いわいるかみ合わせが悪かったりすることで 元に戻ってしまいます。 確かに無理やり歯の位置を動かした歯列矯正なので、今まで長年の癖やご飯の噛みかたなんかは すぐには治せないかもしれません

ですがそういったことも含めて歯列矯正として治療されるのであって 歯並びが一時的によくなるだけの治療では全く効果がありませんし、 高いお金をどぶに捨てるようなものなので、歯列矯正を行なっている間に 正しい咬合を身につけることも大切な後戻りを防ぐ方法です。

歯の後戻りにはリテーナー装着期間が危ない

リテーナーとは歯列矯正の最終段階につける矯正器具です。
歯並びを良くするための矯正器具ともいえます

ですが 見た目的には殆ど歯並びがよくなっている状態ですし、この頃は歯列矯正も最終段階ですので 歯医者さんに行く間隔も伸びてしまって油断してしまう場合が多いでしょう。

ですがリテーナーをキチンと装着しておかないといままでやったせっかくの歯列矯正が 後戻りをしてしまう可能性があるので、自己判断をしないで 最後まで歯科医の言うことを聞くのが良いでしょう。 せっかく歯列矯正をしてもリテーナー装着期間という最終段階で 今までの苦労が水の泡になってしまっても悲しいですものね